ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

未知との遭遇・・・

2018年 6月 25日(月) ( 開かずの間の現況が・・・編 )

かなが購入したこの別荘には、何処からも入れない1坪(畳2枚分)の部屋空間があります!

契約前の現場内覧時に説明は受けており、それを納得して買ってます! それは以前、浴室だった所です。

固定資産税納入書類で判明した、この別荘の建物登記は昭和47年! ( およそ築45年の建物です! )

当時の間取りはどうなっていたのかは不明ですが、いろいろな経緯で初代所有者から購入したM氏関係者!

その新所有者が、M氏の協力で賃貸に! そこで借りた方が、趣味部屋としていたそうで・・・浴室は必要無く

汲み取り便器を、浄化槽を入れて洋式便器に改装し・・・その改装で浴室は開かずの間となったそうです!

外部の草刈りを終えて、外壁側から手が入るようになって、この開かずの間の窓を、固定網戸を切って手を

入れて動かしたら開く♪ コンデジ一台は入りそうなので、片手で窓から室内に入れて撮影してみました!

e0345845_23365317.jpg
e0345845_23364712.jpg
洗面化粧台の横に、この浴室への出入扉! ( 残念ながら反対側はトイレの内壁となっております! )

浴槽も相当古い仕様だし、横に付いている当時の湯沸かし器具も、建築業界にいたながらも見た事が無い!

台所から入れるように、台所側は空けてあるので抜いて扉を設置するのは可能です! 浴室と言うよりは

シャワーユニット入れて、脱衣所(洗濯機スペース有)と改装した方が利用勝手が良いかも知れません!

但し、湯を沸かす設備が無いのが問題ですね! ( 電気式貯水タンクも考えましたがランニングコストが・・・ )

[PR]
by radole1 | 2018-06-27 21:51 | 別荘 | Comments(0)