ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

2016年 12月11日(日) ( 杭位置の明確化!編 )

自分は開拓しているから“此処がかなの土地!”ってわかりますが、確かに最初に、この土地に来た時の

ように、初めて来る人(行政庁担当者)にとっては、“かなの土地”はどこだ?と言う事になるでしょう!

そのためにも、土地が明確にわかる目印を造る必要があります!

そこで、先ずは所有地と隣接地境の境界杭を目立つように赤く塗る事にしました!
e0345845_21132018.jpg
まずは、長年で生えたコケ等を金ブラシで落とします!

e0345845_21133040.jpg
塗料とは言え、自然物質ではありませんので、養生をかけて、土に染み込まないように塗料を吹き付けます。

e0345845_21133828.jpg
1時間程乾かしてから養生を剝して、赤い杭頭の境界杭の出来上がり♪

e0345845_21143031.jpg


[PR]
by radole1 | 2016-12-18 08:52 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 12月11日(日) ( 種まき作業編 )

趣味の一環と言うか?かなは巡礼もおこなっていますが、その巡礼先でヤマユリの種を手に入れました。

インターネットで調べたら、種まきの時期は10~11月!(朔果“種筒”から種が風で飛ばされる時期!)

種からの栽培だと、まず地中で球根を育ててから開花まで合計約5年とのこと!毎年毎年、芽を出しては

茎のまま枯れながらも、地中では球根を育てていくとの事ですが、自宅プランター栽培では、こまめさが

必要で難しいとのことです。。。  では、どうしたら手間いらずでヤマユリの花を咲かせる事が出来るのか?

更に調べてみると・・・直射日光が当たらず、木漏れ日程度の日が射して、適度な湿度が保たれている状況が

自然栽培には最適との事!更には北側斜面の山地などが最適だと・・・あれっ?かなの別荘地にピッタリやん♪

道路から高低差があって車両の出入りが出来ない、この場所に5年後、ヤマユリが咲いて欲しいと願って

種を植える事にしました。

e0345845_21134959.jpg
枯葉や枯れ木を、前回購入した熊手(?)で、絡み寄せ撤去していきます!

e0345845_21135944.jpg
霜で表土はカチンコチン!スコップである程度掘って表土以下の柔らかい土を掘り起こします!
e0345845_21140901.jpg
ヤマユリの種をまいて、かるく表面に土を被せました!
e0345845_21141937.jpg
ユリ科の種は、風に舞うほど軽いので根に着かなく飛んでも、この辺一帯にはヤマユリは咲いて無いので

ポツリポツリと咲けば、別荘地周辺の景色も良くなると思います。5年後が楽しみだわぁ~♪

[PR]
by radole1 | 2016-12-14 21:38 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 11月13日(日) ( いればいるだけ情報が入ってくる!編 )

不動産業で、先輩方々から習った「駄目元でも話さなきゃ仕事は始まらない」じゃないけど、かなは当たり

障り無く、仲間をつくる為に、嘘偽りなく、こう言う人間なんです♪と話して、嬬恋村でも既に数人の気がね

無い仲間がいます! 「将来は永住ですか?」「かなさん、此方で事業を始めれば良いのに」とか言われる事も

シバシバ・・・ でも、かなは老後(考えるのが早いかも知れませんが・・・)を、考えて、落ち付ける場所が欲しい

この土地を手に入れられたのも何かの縁だと思っております。

e0345845_19101162.jpg
上の写真は午前7時半の状態♪ ちなみに、浅間山って活火山ですので、いつ噴火するかわからない状態の

山ですが 「危ないんじゃないの?」 と言う人もいますが、逆に此処で永住している人も多数いるのです。

日本で生まれた以上、自然災害は付きものでしょう! 地震大国日本ですからね♪ 逆にジャパンの自然の

美しさを楽しもうじゃありませんか♪

e0345845_19094065.jpg
又、季節はずれのキノコを見つけましたが・・・長野街道にある農産物直売所の「なめこ」にも、よく似ています。

キノコの見分け方って、なかなか奥が深くて難しいです。( でも、かなは絶対に自分で採っては食べません! )

e0345845_19095606.jpg
冬近くになると、かなの別荘地から50M程の“おばけ屋敷”が姿を現しますが・・・下屋は落ちて(赤矢印)

その下にある玄関扉(オレンジ矢印)も、開けられる状態ではありません!


[PR]
by radole1 | 2016-11-13 20:49 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 11月13日(日) ( 日の出 6時21分!編 )

e0345845_19092118.jpg
6時半の段階での撮影です♪ 雲ひとつない朝を迎えました! ちなみのこの時間の気温は零度です・・・

朝湯を浴びているのもあって寒さは感じません! ( 新鹿沢の湯は、本当に湯冷めしにくい! )

e0345845_19082818.jpg
e0345845_19084413.jpg
改めて見ると、昨年の6月に来た時から比べれば、テントも張れてキャンプをしようと強行すれば、出来なくも

ありません!( 飲料水と簡易便器は持ち込みが必要ですけどね。 )

[PR]
by radole1 | 2016-11-13 20:21 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 11月12日(土) ( 今迄来た中で一番遅い午後2時に着いたのは初めて!編 )

「 駐車場内の砂利敷きが残っている 」 → 枯葉等で敷いても、又、その上から枯葉が積もるのでは?

「 敷地内の細かい枝々の伐採を 」 → 枯れて無くなっているのでは?などと考えていたのと、遅れての到着とも

あって、寄り道せず(買い物等せず)に別荘地に着いたら、案の定思った通り・・・折角来たのに何するべぇ~?

e0345845_19071333.jpg


昨年より10日も早く来てるだけあって、木々の上の方は色付いています♪

(ちなみに、来る最中に知りましたが、今の時期の軽井沢は、紅葉真っ盛りです!)

e0345845_19063942.jpg

e0345845_19074831.jpg
落ち葉が積もって、前回の泥濘は、泥沼と化してました。。。ある意味、枯葉で見えなくなっていたら

落とし穴と同じ状態ですね! ( 安全をみて此方の道路からは入って来ませんでした! )

[PR]
by radole1 | 2016-11-13 20:03 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 11月12日(土) ( 半端な土日を狙ったのに!編 )

新しい試みとして副業先クライアントと打ち合わせを重ね、勤務自体が休みとなったこの日!勿論、嬬恋村を

狙います♪ が、外環自動車道から関越自動車道への走行時、電光表示板に見慣れない文字が!「これより

所沢IC迄2時間以上」・・・まじかよ?と思ったのも束の間! 川越IC手前から渋滞で動かなくなりました。。。

遅れ遅れの“紅葉”がFMから聞こえてきます。ここぞとばかりに自家用車を走らせるサンデードライバー達か?

3車線が1車線規制に・・・

e0345845_19061280.jpg
レンタカー会社の開店時間が8時ゆえに、7時半位に来所してはレンタカーを借りているのですが、それでも

出発時間は7時45分が良いところ! ブラックガムをかじりながら渋滞にはまり、やっと抜けて飛ばします!

勿論休憩なんて取ってはいられません!そして上信越自動車道へ・・・

e0345845_19102505.jpg
ぼんやりした空模様の先に雲が見えますが・・・その横に見えているのも雲? 何か嫌な予感がしてきました!
e0345845_19062462.jpg
やはりビンゴ!浅間山だけが雪を被っています。。。 昨年の11月には雪など被っていなかったのに・・・そこで

M氏との会話を思い出しました!「浅間山に3回雪が被ると、軽井沢に雪が降り本格的なスキーシーズンの

到来だ!」と言う、嬬恋村に伝わる言い伝えとのことを!( 今回、何回目の雪が被った浅間山なのだろう? )

[PR]
by radole1 | 2016-11-13 19:38 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 10月 2日(日) ( 住んだら毎日が感動なのだろう♪編 )

御贔屓してる新鹿沢温泉つたや旅館さんを、毎回ながら5時に起きて入浴し、6時から7時まで近辺を

ウォーキングし7時の朝食に間に合わせる予定が「朝食は8時からとなるので」の一言で予定変更!

「8時の朝食迄には戻りますから」と伝言を残して、車で20分の別荘地に向かうことに♪

e0345845_19372820.jpg
雲海と言って良いのか?雲の動きが間近に見える嬬恋村です!もう一息の状態での浅間山 (AM6:30)
e0345845_19355468.jpg
アスファルトの村道から、別荘地へ入る山道の状態です。(かなは、こう言う幻想的な風景が大好きです♪)

e0345845_19370890.jpg
別荘地内に車を置いて、周辺を散歩兼散策です!道幅を広げた所に軽トラックが停まっており「こんなに

朝早くからM氏?」と思いましたが、車両ナンバーは長野・・・車内は、もぬけの空! 東京なら容赦無く駐車

禁止違反で切られますぜ(キノコ狩りを目的に来ている車両です!土地所有者も居ないから不法侵入とも

言えません・・・)! 散歩に切り替えて、周囲を歩くと、昨日の泥濘の所に面白い物を発見・・・

e0345845_19364696.jpg
e0345845_19363191.jpg
見つけちゃいましたよ♪ 鹿か、カモシカか? 地元の方には聞いておりましたが、本当にかなの別荘地の

周辺にも現れるのですね! 将来的に住んだら、別荘の前を鹿が駆け抜けていくのですね!!!

e0345845_19374073.jpg
午前8時に朝食を済ませて、午後8時半には“つちや旅館”さんを、チェックアウトしました。。。

パノラマライン南ルートは天気に恵まれて・・・長野街道経由で上田市を観光して東京に帰る事にしました♪


[PR]
by radole1 | 2016-10-12 21:38 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 10月 1日(土) ( とりあえず今回は道路に出てる木々伐採でも!編 )

別荘地内に車を置いて、枝切り鋏をもって山側に向かって道路を上がって行くと
e0345845_19335557.jpg
写真は裏から入ってきた場合を想定してます!そして目印(過去投稿参照)を確認して右に曲がると・・・

e0345845_17485337.jpg
前回2016年6月の段階の写真

e0345845_19343475.jpg
今回2016年10月の段階での写真

曲がって入ってきて数十mですが、整地されている上に、縁石の所まで草木が無くなっていました!

(但し、かなの別荘地までは延長されておらず、途中からは上の写真の状態のままです!)
e0345845_19341525.jpg
手作業ではありません!縁石外にある木々が何かに捥ぎ倒された跡が!完璧に重機が入った証拠です!

一体、何の為に整地したのか?手前の敷地所有者が別荘を建てるとか始めたのか?でも、この周辺を良く知る

M氏は「誰が所有しているのかさえわからない別荘地ばかりだ!」と言っていたし・・・考えれば考える程、疑問が

残ります!とりあえずは、その先の、かなの別荘地まででも、今回は枝切りして道の状態にしようと作業開始♪


しばらく、枝切り鋏を片手にチョッキンチョッキンしていると、近くを軽トラックが通り急停車・・・「かなさん!」

見るとM氏が!車から足早に降りてきて世間話になりました♪

「この道路に面した別荘地に対して、うちでは管理してないし、ほったらかしだったけど、かなさんがマメに

 来て、何かしらやっていってるのがわかって、先日、他の仕事が早く終わったから上の方だけでも整地して

 おいてあげようかと途中まで道路を広げて平らにしておいたよ!」・・・M氏のしわざか!それでも感謝♪

「今回は、道路部分のせり出した枝々を切れるだけでも切っていこうかと! そういえば先日、自然保護官

 事務所で事前打合せしたら、車を入れる為だけに切った別荘地内の木々の件で怒られましたよ!」

「それもあってなのかな?かなさんの別荘地の下にあるM建設さんの別荘地!あれ以来、全く来なくなったよ

 あそこの前の道路、水がはけなくて・・・」 「今日、あれにはまって車のタイヤは泥だらけですよ・・・」

「近いうちに、重機出して水道(みずみち)作って貯まらないようにしておいてあげるよ!」・・・感謝感謝♪


1時半に作業を始めて4時半までの3時間・・・やはり、ネット通販で安く買った枝切り鋏では限界があるのか?
e0345845_19345173.jpg
刃こぼれ・・・侍が相手を切って切りまくって刃こぼれするのって、こういう状態なのでしょうね?

別荘地に車を入れるのに、M氏に切ってもらった大木。。。敷地内で腐らせようと思っていたら、M氏から

「あの抜いた大木はいらない?いらないならうちの薪に使いたいから、ただでくれるなら処分するけど。」

東京の色気(欲しかったら売るよ♪)なんて言いたくないから、二つ返事でお任せする事にしました!
e0345845_19350279.jpg

[PR]
by radole1 | 2016-10-12 20:52 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 10月 1日(土) ( 紅葉の状態は?編 )
e0345845_19353526.jpg
東京を台風が過ぎ去ったとは言え、群馬県のこの方面はその雲達が、ゆっくりと停滞しておりました!

「絶対に雲の上に出るはず!快晴な景色が僕を待ってる」と、自分を信じて車を走らせます。。。

e0345845_19352242.jpg
・・・やはり駄目だったか?と言うより、今まで来た中で一番最悪じゃん!浅間山の姿形が全く見えません!

今回は、素直に裏から回らずに表から入って行ってみよう!と、アスファルトの村道から山道に入りました。

e0345845_19334343.jpg
しかし・・・何じゃこりゃ!!! 輪だちに雨(?)が貯まって泥濘状に・・・下がるに下がれずにそのまま泥濘に

シフトをローに入れて、ゆっくりと車を進めます。何とか泥濘を抜け出しました!(一気にタイヤは泥だらけに)

e0345845_19323991.jpg
別荘地前から山側の道路(裏から入る道路)は勾配があり泥濘無く、少しづつですが紅葉が始まってました!

そして、いよいよ別荘地ですが・・・赤く染まる草も♪そして以前に掲載した植物も実をつけていました!

いらない赤いキノコも、元気にあちらこちらに生えていましたよ・・・(全て枝切り鋏でバッチン!)

e0345845_19322849.jpg
e0345845_19330969.jpg
e0345845_19332805.jpg
e0345845_19324926.jpg

[PR]
by radole1 | 2016-10-12 19:59 | 別荘地 | Comments(0)
2016年 9月 6日(火) ( 余計な手続きをしたばかりに・・・編 )

e0345845_20183547.jpg
昨年の秋に別荘地内を見て見つけたキノコ!しかし、今年は昨年の細かい枝や草木を切ったのもあって、自然

体制が多少なりにも変わったのか?見た事も無いキノコのオンパレード! こんな機会も無いからとキノコに

対して勉強してみる事に! amazonで、こんなのを見つけて注文するものの、書籍の配送方法が日本郵便扱い

ゆえに“e転送”が掛かって(手続きしたのは私ですが・・・)、手元に届いたのは3日遅れとなりました!

e0345845_07542757.jpg
前回投稿したこの写真のキノコ! それに今回生えていた下の写真・・・
e0345845_10260666.jpg
同一種で「シロナメツムタケ」と言う種類みたいです! 群生や単独で生えるキノコであり、食用キノコの一種!

e0345845_10263504.jpg
此方は「スギエダタケ」らしい! 白いキノコは種類が多く、柄の細さからこの種類と判断しましたが確信は

持てておりません! 食べる事は可能ですが、量感は少なくて食べ応えがあるキノコでは無いそうです!

e0345845_10262238.jpg
見た目、一番毒性がありそうな真っ黒いキノコ・・・その名も「オニイグチモドキ」! 驚く事に食用です!

“オニイグチ”と“オニイグチモドキ”は全く見た目では判断がつきませんが、北軽井沢周辺に生えるキノコの

ほとんどが“オニイグチモドキ”と言う事で「オニイグチモドキ」に決定しました! 真っ黒いキノコは逆に

類似種類が少なく、カサに棘があって黒いのは“コオニイグチ”、“オニイグチ”、“オニイグチモドキ”しか無く

どれも食用キノコです。

e0345845_10265063.jpg
そして最後まで、わからなかったのがこのキノコ! 生え際や、成長過程や、枯れる寸前と生態が変わる

キノコ類! 本の写真と必ずしも一致するとは限りません! 本を読んでわかりましたが、観察の仕方や

カッターで傷を付けて、その後の反応を見る等、キノコの判別って難しい事がわかりました! 

次回からは、じっくりと調べてみよう♪ “オニイグチモドキ”が生えていたのにはビックリしましたが・・・

[PR]
by radole1 | 2016-09-06 20:25 | 別荘地 | Comments(0)