ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

2015年 11月22日(日) ( それなりの収穫はあった!編 )

邪魔な大木は、この辺かな?そして別荘計画はこの辺に?と、おおまかな計画を立てて、次は春の来訪に!

e0345845_21201766.jpg
e0345845_21204276.jpg
そして今回は、鹿沢温泉宿に宿泊して帰る事に! 本当に偶然ですが、泊まった宿の温泉入浴時の会話!

初めて会ったオヤジ「こんばんは♪」 かな「こんばんは♪」  オヤジ「見掛けない顔だね?観光かい?」

かな「嬬恋で別荘地を購入して開拓に来ているんです」  オヤジ「建築するなら安い建設業者を紹介するよ」

かな「職業が建築屋なので業者の紹介はいりません」   オヤジ「購入した土地ってどの辺なんだい?」

かな「ベリエールの森の近くです」  オヤジ「藤原か?」(おっ!藤原って大字名を知っているんだ!)

かな「そうです」  オヤジ「藤原じゃ水道が無いんじゃないか?」  かな「掘ろうと思っているので!」

オヤジ「いや!村の水道の方が良い!業者を紹介してあげようか♪」・・・この辺から頭にきはじめたので

かな「嬬恋の水道は高いでしょ!だから井戸を掘るんですよ」  オヤジ「実はその地域近くで不動産業を

やっててね♪管理とかはどうするんだい?別荘は空けると傷むの早いよ」  かな「そんなのわかってます!

だから慎重に建てる機会を考えているし、自分の事は自分でやるから口出さないで下さい」  オヤジ「・・・」 

たぶん、地元産業以外にもこういう輩が多く住んでいるのでしょう。。。将来のスローライフも考慮しているので

ランニングコストをどこまで抑えられる生活基盤を作るのが、別荘を所有する者の課題です♪

[PR]
# by radole1 | 2015-11-24 21:43 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( あえて“お化け屋敷”と呼ばせてくれ!編 )

落葉し視界も開けた事から、どのくらい別荘地が拓けたのか?を比較出来るように隣接地の、荒れ放題の

敷地を写真撮影しようと、舗装道路目指して未舗装道路を歩き進み、ベストショットを見回していると・・・


e0345845_20502510.jpg

午後2時20分の段階で「枯れると、こんなに道がハッキリするんだよ」と撮った写真!(赤矢印は別荘地)

( この段階で気がつかなかった!矢印上に何やら写っているのを・・・ )

e0345845_20023128.jpg

午後4時15分の段階で「細かい木々を切らないと隣接地はこう言う状態になる!」と歩く前に撮った写真!

e0345845_20382692.jpg
少し歩いたら気が付きました!この別荘地を購入し、位置もわからず最初に訪問した時の別荘(?)を発見!

そして後ろを振り返ると・・・かなの別荘地の白いビニール紐が!

e0345845_20384108.jpg
“お化け屋敷(廃屋)”から、かなの別荘地境界線まで歩測を試みると69歩!69歩/2×1.5m=51.75m

約50mの位置に“お化け屋敷”がある事に! 仕事柄考えるのですが、廃屋だろうと持っていれば更地より

固定資産税は高くなります! そんなに大きくも無いし、素人でも壊しやすそうなのですが・・・どうして

そのまま、残しているのかが不明です! 電気メーターも無ければ、水道も無いのに・・・そして、毎年

同じように税務署から固定資産税の納付書は送られてくるはずなのですが・・・まさか、差し押さえ物件?



[PR]
# by radole1 | 2015-11-24 20:59 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 石積みの縁石について・・・編 )

前回に来た時の記事にも書きましたが、道路との境界目的で積んだのか?石積みの縁石の構造を

調べる意味も含めて、持参したつるはしを使う事に! 勿論、今回どうしようとかは考えてはおりません!

(だって、暗くなる前どころか、霧が立ち込めてきました!) とりあえず、つるはしを力任せに差すと

サクッと入りました・・・?・・・コンクリートで固めて無い!てこの原理で倒すと大きな玉石がゴロッと動き

軍手で持ち上げると・・・大きいですが持ち運べない大きさでも無い! これは次回の課題となりそうです♪

e0345845_20011767.jpg
e0345845_20264392.jpg
e0345845_20270558.jpg

[PR]
# by radole1 | 2015-11-24 20:28 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 細かい木々の伐採終了~編 )

午後4時前に終わりました!(もしかしたら、今回だけでは無理かも。。。と思い始めてました)

別荘地内部に入り、ちょうど東側の境界線真ん中あたりから、敷地内全景を撮ってみました!

e0345845_20041303.jpg
e0345845_20043128.jpg
e0345845_20045234.jpg
e0345845_20094809.jpg
白いビニール紐が見える所が、隣接地との境界となります。。。凸凹してますが足の踏み場は確保♪



[PR]
# by radole1 | 2015-11-24 20:15 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 様変わりしたなぁ~編 )

今期の来訪は無理かと思っておりましたが、22日と23日の連休に気が付き・・・(雪が降ったら?)

駄目元を覚悟して、観光主体に鋸(のこぎり)とスコップ、つるはしをレンタカーに積み込んで出発!

群馬県嬬恋村田代(此処が別荘地に一番近いかな?)の天気予報は、22日曇り、23日曇りのち雨!

碓井軽井沢ICを下りて山道に入った段階で濃霧・・・それに観光目的なのか、其処からの渋滞!渋滞・・・

午後2時20分に別荘地に到着し、最初の感動は“2カ月前に張ったビニール紐が残っているわ♪”

e0345845_19381257.jpg
e0345845_19392911.jpg
赤い矢印の所が、かなの別荘地である! 2ヵ月前の下の写真と比べると色が全く違う世界となっていた!

そして今回の第一目的は、前回体調を崩し“へたれ”と言われるままに諦めた残り1/3の細かい木々の伐採!

e0345845_19395375.jpg
両側の白矢印が、隣接地との境界線(白いビニール紐)!そして奥の赤枠部分が残っている木々である!

日が落ちない内に、出来るところまでやってやろうと、片手に鋸を持って立ち向かって行くかなであった・・・

[PR]
# by radole1 | 2015-11-24 19:47 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 9月22日(火) ( 対策が必要ね♪編 )

毎回お借りしている、ほぼ常連に成りつつある近所のニコニコレンタカー店!今回は、宿泊費用を

浮かせる為に車中泊を考えてホンダフィットにしましたが車両返却時のチェックに引っ掛かかりました!

「細かい傷からして草木が生えている所を走りませんでしたか?」 かな「あっ、道を間違えて林道を

走ってしまいました!」 店員「磨けば落ちそうなので今回は良いですけど、次回からは気をつけて

下さいね」 かな「すいません。次回からは気をつけます」・・・他人の敷地ながらも刈り落とした方が

良いなぁ~。。。  確かに走っていて“キュルキュル”とか“キュッキュッ”とか良く聴こえていたし・・・

e0345845_18151055.jpg
それに、数回行ってながらも甘い考えだったのが、敷地内への車両駐車!草木を刈れば地面がフカフカ

してようとも、竹箒か熊手で枯葉を撤去すれば地肌が出てくるものだと思ってました!しかし現実は・・・

50年と言う月日が積み重なった物は・・・腐敗した樹木もそうですしそんな1日仕事で片付けられる物では

ありません!更に道路からの土盛り・・・そして其処からの落差といい・・・到底“はい、そうですか♪”なんて

簡単に切り崩せる物ではありませんでした!(草に邪魔されていて、こんなに強固に造られているとは)
e0345845_10211305.jpg
e0345845_10174683.jpg
石垣が積まれているんです!スコップを持って来ましたが刃先が入りません!次回は“つるはし”を持って

来るのも可能ですが、人力よりは重機を入れた方が早く済みそうに思います。。。

[PR]
# by radole1 | 2015-09-22 18:36 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 9月21日(月) ( ちょっとした周囲の知識編 )

紅葉が始まりつつあります♪

e0345845_10281441.jpg
昨日、このかなの別荘地前の未舗装道路を、小さい犬を散歩させている御婦人が通り、軽く会釈しました。

本日、同じ御婦人が、御主人と一緒に小さい犬を連れ(各1匹)散歩で通り、御挨拶すると「此方に別荘

でも建てられるのですか?」 かな「今直ぐにでは無いのですが、2~3年、若しくはそれ以上かかるかも

知れませんが、ユックリと別荘を建てようかと考えてこの別荘地を購入したのです」 すると、御婦人は

「ここは都会の雑踏も全く無いし、私たちは数年前から永住しているんですよ♪1年通して本当に気候は

良いし、雪がちょっと積もるのが難点だけど、野菜も美味しいし、良い場所を購入されたと思いますよ♪

何か困った事があったら、この辺ではMさんって方に相談すると・・・」 かな「先日、Mさんにお会いし、

この土地の位置もハッキリしたんですよ!」「そうでしたか。今後もお会いする機会が増えると良いですね」 

M氏って有名なんですね!!!

e0345845_10271348.jpg
e0345845_10275241.jpg
以前、別荘地に入って来るのに“裏の広い未舗装路”と書いた事がありますが、右に曲がる目印の建設中の

建物・・・実はこの建物は建築中とは言うものの既に住んでいるのだそうです!(M氏から聞きました!)

どういう経緯で、此処の土地を購入したのかはわからないそうですが、冬真っただ中、雪が降る日にM氏が

別荘地内の建物を見まわっていると、ちょうどかなさんが購入した別荘地周辺の雪の中に足跡が?それも雪が

降っている中なので時間が経てば消えてしまうのが、まだ新しい足跡だったそうで・・・山側を見ると人影があり

雪降る中、誰も居ない雪山に不審に思い声をかけたそうです。「おぃ、こんな雪の中、何しているんだ?」

すると慌てて降りてきて、震えながら言ったそうです「買った土地が見つからないんです・・・」

M氏の別荘に連れて行き、探している住所を調べてあげたのが此処の住民だそうです。それから毎回のように

此処に来ては少しずつ自分の手で建てているとの事です。。。


[PR]
# by radole1 | 2015-09-22 13:00 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 9月21日(月) ( やれるところまでやってみよう!編 )

昨晩の温泉入浴による湯冷めが原因か? レンタカーを借りての寝辛い車中泊が原因か? 東京都との

朝の温度差(東京より常に6~7度は低い)が原因か? 寝不足と腰の痛みに熱っぽい!(風邪かな?)

それでも、境界紐内側の別荘地に生える草や、こぶし大程度迄の樹木を片っ端から切る事に・・・

e0345845_10124450.jpg
体調が悪いのも確かだが、体力が落ちているのか?体が退化しているのか?変な疲れが襲ってくる・・・

立ったり座ったり・・・腰が悲鳴をあげてきた!鋸を引く筋肉が、北斗神拳をくらったかの様に、今にでも

内部から破裂しそうな痛みが走りだす!心地良い気候の場所だけあって、ポタポタと汗は出ないが服は

じょじょに染みてくる!水分を取っては・・・水分を取っては・・・そして午後2時の段階でギブアップ・・・

e0345845_10065863.jpg

伐採前!

e0345845_10160415.jpg

伐採後!



別荘地奥1/3が残ってしまったが、その部分は建築物計画場所でもあるし、建てる時に基礎工事をやる

業者に、根こそぎ掘らせるって事も可能です! (来年以後の楽しみに取っておくのも一興かと♪)

ちなみに補足ですが・・・左半分に見える3~4本の蛇みたいな木!これ・・・つる草なんですよ!開拓にあたり

直径2~3mmのつる草が厄介者で、樹木を切って倒しても根性強く離れませんでした!鉈が役立ちました♪

しかし、放っておくと直径5~6cm迄育つのですね(50年近く経っているのでしょうが・・・)当然、鉈では

手に負えません!表面は樹木同様に堅くなっております。。。根元だけ鋸で切って一冬越させれば朽ちると

思い、地面からの水分補給を断ちきりました!来春にどうなっているか楽しみです♪


[PR]
# by radole1 | 2015-09-22 12:27 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 9月21日(月) ( 敷地図と樹木位置図作成編 )

法務局には、駄目もとで「地籍測量図」交付を郵送申請したところ、前投稿に掲載しているかなの別荘地

イ、ロ共に地籍測量図が送られてきました!(古過ぎる土地だから無いと思っておりました。) しかし

3斜は出ているのですが(敷地面積を計算する為に!)肝心な敷地周囲の数字が記載されておりません!

(記載されていれば“公図落とし”なんて事もしなくて済みましたけどね。。。)

とりあえず、境界杭位置は明確となったのでビニール紐で結ぶ事にしました。(敷地の位置が見えてくる)

e0345845_10135552.jpg
右側の境界線!

e0345845_10141993.jpg
左側の境界線!

e0345845_10151563.jpg
左側から別荘地内部を見る!

e0345845_10153752.jpg

境界線が確定されると、境界線からの離れ寸法が測れる事から樹木の位置が確定できます!なぜに樹木の

位置を測るのかと言うと・・・調査で嬬恋村役場に電話した時に「かなさんの購入した土地は“上信越高原国立

公園”内となるので、勝手に樹木を伐採しないで下さい!」と念入りに言われ、伐採するにはそれなりの

許認可が必要とのこと! それはそれでかなの得意分野だから構いませんが・・・樹木の位置を測量するにも

敷地に入れない事には測量出来ないので、草や細い木は切って良いか?との問いに「こぶし大の大きさは

許可無く切って構いません!直径20cm程度以上のは許認可が下りてから切って下さい」と言われました。

[PR]
# by radole1 | 2015-09-22 11:59 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 9月20日(日) ( 別荘地開拓前に隣接地も“公図落とし”編 )

別荘地位置の更なる確認の意味で、隣接地も“公図落とし”して確認する事にしました!

e0345845_10071078.jpg

前回発見した寝てる境界杭から、右隣の土地の“公図落とし”した道路面に接する幅は6.6m!

e0345845_10072792.jpg
あれっ?どうして4mの所に境界杭があるのかしら?(ここで一つの疑問が生じてきました!)

e0345845_10075037.jpg
“公図落とし”した図として表現します・・・太い黒線が、かなの別荘地とすると、前回曲がり角から

約110mの位置での境界杭は見つからず、そこから、かなの別荘地幅13.27m辺りで見つけた境界杭が

図上のBなのではないか?BからCまでの3.9m・・・今回見つけた境界杭がCであり、本来はここがかなの

別荘地と右隣の敷地との境なのでは?その仮定を基に更に右へ進んで見ると・・・

e0345845_10084988.jpg
6.8mの所に境界杭を発見!“公図落とし”6.6mに近い数字です!前回打った仮垂木をC杭の位置に打ち

e0345845_10094502.jpg
そこから左へ13.27m基準にメジャーをひいてみると・・・

e0345845_10105469.jpg
13.6mの所に境界杭Aを発見!・・・あらっ?かなの別荘地の道路に面する幅の位置が明確になったわ♪

そして、かなの左隣の土地の幅は9.37m!このかなの境界杭から左に9.37m辺りを探すと・・・

e0345845_10122402.jpg
9.8mちょっとの所に境界杭を発見!かなの別荘地位置及び両隣の敷地幅が公図通りに明確になりました。



[PR]
# by radole1 | 2015-09-22 11:27 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 敷地確定♪周囲の状況編 )

ついに、かなの別荘地位置が確定しました♪ 道路から向かって左角から別荘地を見る(下の写真)。
e0345845_07502162.jpg
道路から向かって右角から別荘地を見る(下の写真)。

e0345845_07500662.jpg
敷地位置が決まれば、次は開拓です!・・・草刈りや細い木の伐採、根掘りも・・・と思いつつそれは次回に!

なにぶん垂木での目印ですから、今シーズンに再来出来なければ腐って無くなる可能性もあります。

周囲の目印をと、道路面左側の境界(垂木だけを打った所)の道路対面に落ちた看板がある事を写真に!

e0345845_07520298.jpg


(番外編)

かなの敷地前の前面道路は、下の写真のとおりですが、来る時に舗装道路からの入口がわからなかったので

あえて舗装道路方面に車を走らせてみました。。。

e0345845_07505399.jpg

舗装道路に近付くにつれ・・・
e0345845_07510990.jpg
※この写真を撮る時に、車内から撮影したらフロントガラスが反射して綺麗に撮れなかった!そこで車を

 降りて撮影したのだが・・・仕事仲間も助手席から降りた時に、外で気が付いて慌てて車内に!どうした?と

 聞いたら「フロントガラスの外に見た事無い大きなスズメバチが!」・・・かなも確認したが体調4cmは軽く

 超える黄色と黒が鮮やかなスズメバチがフロントガラスに!帰ってきてから調べましたが、オオスズメバチ

 らしい!獰猛さはスズメバチほどでは無いがスズメバチ同様に刺すらしい!何処かに巣があるのは確か!

 “山の守り神”が、何かはいるだろうと思ってましたが、多分こいつかな?熊の出没も確認されていますが

 此処の別荘地では聞かないし、蛇や山蛭、ぶゆの噂も聞かない!共存していくには避けられない条件です♪

 熊はスズメバチを嫌う性質を持ち、オオスズメバチは危害を加えなければ掌に乗せても刺さないとのこと!

 そのまま木の枝や、地面に近付ければ勝手に離れていく性質との事です! 見た目はグロテスクですけど

 危害を加えない蜂だそうです!( 興味があったら“オオスズメバチ 画像”で検索してみてね♪ )
 



[PR]
# by radole1 | 2015-08-05 09:11 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 敷地位置を明確にしよう編 )

M氏が持ってきた地図も、地番が打たれている略図に、所有者名がポツリポツリと手書きされている物!

電話で地番を伝えたのもあってか?かなの敷地には、かなの本名が手書きで書かれていた!「ん~・・・」

やはりM氏でも、埒があかないようだ・・・

かな「とりあえず“公図落とし”しましょう!」 公図落としとは、公図からスケールアウトする方法!

車で入ってきて、右に曲がった角から約110mの位置を出す。(下の写真)仮に垂木を打ち込む。
e0345845_07482478.jpg
その位置から、更に約13.3mの位置に・・・M氏「あっ、杭があった!」(下の写真※これが境界杭?)

e0345845_07484190.jpg
倒れてはいるけど、地中に埋もれている事から“ほぼ”この位置で間違いは無い!最初に打った垂木の

位置周辺に、杭は見当たらないがM氏は、その垂木位置から道路に向かって垂直に敷地内へ入った!

M氏「かなさん、奥行きはどの位ですか?」 かな「約35m!」 歩測で足早々と奥へ奥へと・・・・

M氏「かなさん、奥の杭がありましたよ!」 かなも後を追って敷地奥へと入って行った!

e0345845_07485796.jpg
ここから更に直角に折れて、M氏と共に足を進めた!2、3本目の杭も発見♪(2筆の為、間に杭有り)

e0345845_07490931.jpg
e0345845_07492758.jpg
ちなみに右奥に見える人影は幽霊では無い!かなの別荘地を見たいと同乗してきた仕事仲間である。


[PR]
# by radole1 | 2015-08-05 08:52 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 別荘地迄の辿り着く編 )

7月31日に、M氏に連絡を入れ今日伺う事を伝え、午前6時に東京都足立区を出発!10時に到着!

e0345845_07513029.jpg
パノラマライン南ルートから別荘地へ向かう道(右手に、うっすらと見えている山が浅間山です!)

一昨日の電話で「かなさんの敷地位置がよくわからない」と言っていたM氏!だいたいの位置へ案内する。

舗装道路からの入口がわからなくなっていた!前回同様に裏の若干広い未舗装道路からの進入を試みる♪

e0345845_07475489.jpg
別荘?建築工事中の建物が左手に見えてきた所を右に曲がる。

e0345845_07480966.jpg
赤線の位置(アバウト?)が、かなが購入した別荘地なのだが・・・位置がハッキリしないのである!!

M氏いわく「やはりこの道路に面する敷地かぁ~・・・てっきり右側の高い方かと思ってましたよ!」

先日の電話でM氏に聞いた話では・・・ここの別荘地は、私が知っている限り50年前に分譲され、

当時は直径2~3㎝の木が、ポツンポツンと生えていました。それが今ある直径20~30㎝の木!

5社近い開発業者が引き継いでは販売を行い、当時に買った人達は現在生きているのか?さえ不明で

継いだ子孫も土地の位置すらわからずに固定資産税を払っている状況。。。かなさんから伺った公売も

もとをただせば、差し押さえ等ならなかったら誰が持っているのかさえわからない土地が、この辺には

沢山あります。法務局で調べても、所有者が当の本人なのかもわからない状況なのです。かなさんの

敷地が明確になれば、隣接所有者も位置がハッキリしてくるのも確かです。

分譲された当時には境界杭がありましたが、年数を追うに連れて無くなったり、抜かれて不明になって

いたりしてます。公図上は、建築基準法上の未舗装道路は無く各所有者の持分となっており、道路上に

境界杭を打てば、車に踏まれて破損したりする事から、道路と敷地の境界に杭は打たれていたようです。



[PR]
# by radole1 | 2015-08-05 08:23 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 6月15日(月)~18日(木)

現場を確認した時に不思議な物を見つけた!水道のコン柱である。。。それも数カ所、道路に近い所に・・・

もちろん、蛇口自体がはずされており、管の穴が見えている状態・・・今は水道がきていなくても過去に

ここまで水道はきていたと言う証拠だ!

e0345845_07431395.jpg
早速、嬬恋村役場に電話したところ「位置がわかる地図をFAXして下さい」との返事。そして翌日

村役場職員から貴重な電話をいただいた。。。

「そこの地域は、村が管理していない地域で、かなさんが見られたと言うコン柱は私設水道で引いた物

 私設水道の管理はYさん(業者)が、やっていたけど現在連絡がつかない!代わりにわかるMさんの

 了承を得ましたので、Mさんに電話していただけますか?」・・・そして伺った電話番号にかけてみた。

Yさんは5年前に亡くなり、引き継いだ奥様も上手く事業を引き継げず、現在はそのMさんが管理自体を

行っているとの事!井戸水を貯めて私設水道管で供給していたが、荒れ放題になった別荘地の為だけに

私設水道管を通しているのも、経年劣化による配管交換もままならず、Yさんが亡くなった5年前に

止めて、貯水タンクも撤去し、今は使えない水道管のみが残っている状況との事!(水道は無しか・・・)

Mさんいわく“水道は井戸水で補えるよ♪うちも井戸水で補ってるし、村の水道は高いからね”と教えて

くれた。水は井戸水を汲み上げて補おう(考えてみれば、浅間山の麓だし美味しい水が出るだろう♪)

この地域の排水は“浸透方式”との事。浸透方式とは、径の大きい土管を井戸状に埋め込み、排水をそこに

流して貯める事で、土管に細工された穴から土に浸透させて処理する方法!浸透した雑排水が井戸水に

入って・・・などと書いている他の人のブログがあったが、深度が違うし、そんなの気にしてたら野生動物の

糞尿だって浸透しているんでっせ!(川の考え方と同じ・・・上流で尿しても3m流れると浄化されると)

話は戻して・・・こうなってくると井戸掘り工事費用(手押しポンプで水を上げるのでは無く電動ポンプ必要)

ん十万円は掛かるが、デメリットばかりでは無い!村役場のHPで見たところ、下水道料金は水道メーター

から算出するとの事!自分の敷地内から汲み上げた井戸水は当然ただ!メーターなど無いから上下水共に

費用は掛からないのである!井戸を掘るのに電気は必要だが、近くまで電気はきているし、更にMさんは

電気屋さんだそうで♪

[PR]
# by radole1 | 2015-06-18 20:05 | 別荘地 | Comments(2)
2015年 6月14日(日)

後輩が車を出してくれる事で、かなの自宅に6時半に迎えに来てくれた。もちろん、ガソリン代もち・高速代

もち・疲れたら運転交代は最低条件!日曜とは言え、午前9時には現地に着いた!

読者は“現地も確認せずによく買ったなぁ~”と思うだろうが、公売物件ゆえに申込期限が決められており、

現地を確認する時間無くストリートビューのみで確認した。(ストリートビューでは、手前までしか見られ

なかった!)

そしていよいよ・・・購入した土地と初対面・・・のはずが・・・予想していたのとは異なり・・・だいたい、この辺!

は、わかるのだが・・・起点となる物が見つからない! 道に面した右側が、購入した別荘地である事は確か

なのだが・・・(枯葉・腐葉土があたり一面で、どこを取れば杭等が出てくるか?杭があるのかさえ不明・・・)

e0345845_19085798.jpg

e0345845_19095340.jpg


今どうやって調べようにも拉致が開かないから、とりあえずはこんな雰囲気の土地だと言うのだけは目に焼き

付けて明日から、村役場から法務局やら片っぱしに調査して、かなの別荘地を明確にしてやる!別荘地内の

メインストリート(アスファルト舗装)から、100m程入った所で周囲は何も無し!本当に鳥のさえずりしか

聞こえない静かな場所です。

e0345845_19102001.jpg
上記写真の未舗装道路を歩いていると電柱発見!おまけに外灯まであるではないですか!無いと思っていた

物があるって素晴らしい!・・・電気ですよ♪電気♪電気がきているって事は、別荘地に電気が引けるって事

です!

メインストリートに電線があったのは確認しておりました。そこから購入した敷地まで100m以上・・・

公道では無いので電柱を立てるにも、電柱を立てる位置の敷地所有者の了承を頂かなければいけなく、

それだけでも百万はかかると考えておりました!これがあるだけで引き込み10~20万円で済みます♪

e0345845_19105312.jpg
かなが購入した別荘地の位置を、インターネットで検索するたびに、地図上に現れる変な四角い物・・・

この未舗装道路に面して建っている建物は見当たらなく、グーグルアースで見ても屋根らしき物は見当たら

ないのですが、マピオンやマップルで地図を見ると、本当に正方形な物が作図されているのです。

これが何を指すのかも気にはなっており、行く前の後輩に言わせれば「山の土木作業員用の休憩小屋か、

資材置場のプレハブではないか」と。敷地内に入って見てみることに・・・

e0345845_19113339.jpg
住宅や!それも別荘みたいや!後輩も建築の専門(大工)ゆえに「俺が大工修行していた当時の工法じゃ、

こんな納まりじゃないし、小さい時に親父(大工)がやっていた工法の造りじゃ!どう見ても40年近く経つよ。

この建物!」と後輩の一言。。。

かなは、もともと設計者ゆえに・・・電気メーターをはずした後もあり、電気が引けていたと言う根拠となる。

また、建物から煙突が出ている事から湯が沸かせた!・・・すなわち、水がきていたと言う事がわかる。

水がきていたと言う事は、排水先もあったと言う事だ!ライフラインが確実に確保できる事がわかっただけでも

最大の収穫である♪

それに・・・住居系の建物があるって事は、建物の図面が法務局で見つかるかも♪そうすればこの建物が

何番地の建物かによって、かなの敷地の隣なのか?2軒隣なのか?そう言うところ迄わかります♪

[PR]
# by radole1 | 2015-06-17 20:04 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 6月4日(木)

昨日ですが、無事に群馬県吾妻郡嬬恋村のある土地の所有権移転が済みました。。。

e0345845_07514661.jpg

約1年前に、あるホームページで、別荘地の現状を知り、又、別荘での生活者の

ホームページも見つけ、“別荘を持つと言う事は?”を、自分ながらに勉強して

その上で、どうしても別荘が欲しい衝動にかられた結果、購入に踏み切りました!

自分のライフワークに合う別荘地とは何か?・・・生きてる上でこんな経験をして

いくのも一興かと思っております。ありきたりは嫌なのでゼロからの別荘計画です!

購入した土地は、ガスも上下水道もありません。もちろん、電気もきていません!

かろうじて建築基準法上の未舗装道路に面しております(建築が可能と言うこと)!

本当に手探り状態からのスタートです!(これから購入した土地を見てきます)

[PR]
# by radole1 | 2015-06-04 21:28 | 別荘地 | Comments(0)