ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2017年 5月 26日(金) ( 日帰りは滞在時間との勝負!編 )

トイレ扉の吊元変更、便器のドレスアップ、台所周りの整備、敷地出入口の防犯対策、表札の設置などなど

まだまだ考えれば、いくらでも出てきますが・・・そこまで考えていたにも関わらず、滞在時間2時間では、台所

周りの整備だけで大半の時間を費やしてしまい、泣きながら次回の楽しみとして残して帰ってきました。

e0345845_20121701.jpg
整備前

e0345845_20121736.jpg
整備後

プロパンガスが無い事から(新期注文するにしても費用はかかる)、キャンプ用のカセットガスボンベ対応の

ガスレンジを設置! SOTOの高火力タイプゆえに、普通のプロパンガス対応ガスレンジには負けない代物!

まな板、包丁、水切り、洗剤と・・・いつか泊まれる事を夢見て、冷酒グラスにロックグラス、ビアグラスも♪

e0345845_20121655.jpg
e0345845_20121776.jpg
いつしか天気も崩れ始めて、まとまった雨に! 新緑に雨音ってのも風流で、かなは大好きです♪  小さい

ながらもウッドデッキ部分にアウトドア用チェアを置き、雨音を聞きながら新緑の森を見てるのも一興ですよ♪

短時間ながらも、都会では味わえない感覚を楽しんでいたものの、ウッドデッキの節部分の床が割れました!

使っていなかった別荘・・・そして体重があるかな! この位のウッドデッキなら、レンタカーで材料も運べるし、

次回は、ウッドデッキの補修工事も頭に入れておかないと!!!

[PR]
by radole1 | 2017-05-27 21:03 | 別荘 | Comments(0)
2017年 5月 26日(金) ( この土地から始まったから大事にしていかないと!編 )

夏日が続く東京ながら、やっと休みが取れるとわかってレンタカー予約して嬬恋を目指す日に限って、東京は

朝から雨!傘を差して自転車でレンタカー会社に向かいます(自転車運転ルール違反です)! 天気予報での

群馬県吾妻郡は曇り予報!しゃくなげ園まつり開催時期ともあって見学も予定に、いざ出発♪

e0345845_20121719.jpg
外環自動車道での事故渋滞!お陰さまでいつもの撮影ポイントに着いたのは正午を回ってしまいました!

おまけに浅間山は全く見えない曇り空! そして思っていた通りの新緑モードに別荘地は包まれていました。

e0345845_20312292.jpg
e0345845_20323557.jpg
e0345845_20342822.jpg
e0345845_20354561.jpg
別荘購入の目的は果たせましたが、だからと言ってこの別荘地を疎かにしたら、又、以前の様な荒れ地にしか

なりません!寄る回数は減っても、草木が無謀に育たないように管理だけはおこなっていこうと思ってます。

[PR]
by radole1 | 2017-05-27 20:39 | 別荘地 | Comments(0)
2017年 5月 1日(月) ( 一番先にやった事は?編 )

本題に入る前に「浅間山のさかさ馬」って知っておりますか? かなもここ2年近く別荘地に通っていながらも

知りませんでした! 下記写真の赤丸部分・・・残雪が“さかさ馬”状になると、春の訪れを知らせるサイン♪

農業方々の作業始めを含め、種の植え付け時期の知らせだそうです!(キャベツの種植え時期!)

e0345845_20312478.jpg
別荘契約前、事前に建物内部を拝見させていただいていたのもあり、夢はいろいろと膨らんでおりました!

ウッドデッキは8帖以上の広めに設けたい♪ プロパンガスとメーターを撤去した事で、ガスの基本料金も

かからないが、お湯が焚けない状況なので浴室は塞いでしまったとの事(過去の投稿にも書いてありますが

永住者いわく“周辺に温泉は沢山あるし、温泉に行った方が広くてゆっくり出来るよ”とのアドバイスから、

そう急ぐ事は無いにしても、外部から開放して残っている浴槽に薪ボイラーを設置して、露天風呂にしたい♪

とか・・・そして日が経つごとに「屋根の塗装が優先かな?ポーチは石段にした方が見た目も良くなるのでは等

考えてはおりましたが・・・そして結局最初に行った工事はと言うと?これです!!!

e0345845_20293885.jpg
水道開栓を村役場へ電話した時の話 村役場担当者「検針表と口座振替後の領収書は東京の方に送れば

良いですか?」・・・東京電力への名義変更の電話をした時の話 東電担当者「クレジットカードによる支払いを

希望されておりますが、手続きの用紙はどちらに送れば宜しいですか?」・・・自宅と別荘の経費はきちんと

分ける為に、別荘の事は別荘の方に送ってもらうようにと考えたら・・・郵便受けが無い!

そこで選んだのが、これっ! アイリスオーヤマ ポスト 木製MG-42  ステンレスの方が錆びにくいのは

よく承知しておりますが、山の中の別荘地で・・・木々に囲まれた別荘で・・・妥協しない改装と考えてこれに♪

e0345845_20311426.jpg
これなら郵便配達員も一目瞭然でわかるでしょ! 郵便受けと、道路面から見える位置に住所と名前を書いた

紙をパウチ(ラミネート)して画鋲で仮止めしました。 ( 現在、表札プレートは注文中なので♪ )

[PR]
by radole1 | 2017-05-04 20:15 | 別荘 | Comments(0)
2017年 5月 1日(月) ( 水道開栓及び水抜きの仕組み?編 )

別荘購入後、嬬恋村役場上下水道課に電話して開栓をお願いしました! 前所有者は使用しない間、水道は

閉栓し水道料金を節約していました! 東京生まれの東京育ちゆえに、インターネットで「水抜き」等を情報は

調べていたが・・・役場「開栓の希望日は?」 かな「開栓すると次の冬前に閉栓をお願いするのですよね?」

役場「は?開栓と水抜き用の開栓は違いますよ!」 かな「は?役場で開栓しても水は出ないって事ですか」

役場「別に水抜き用の栓があるので、そちらはお客様の方で開栓して頂かないと・・・」 何か難しい・・・

そういえば、M氏もおかしい事を言っていたのを思い出した!「専用工具さえあれば元の開栓も簡単なのだが

雪が降ると水抜き用の開栓位置もわからなくなるんだよなぁ~」・・・
e0345845_20293824.jpg
実際に現物を見て納得出来ましたよ!水道メーターボックスの蓋を開けると、深さ1m程の所に開ける栓が!

(たぶん、その位の深度にしないと管内で凍ってしまうのだろう!) よって、それなりの専用工具が無いと

開栓出来ない! 左の水色の“嬬恋村・・・”は、雪が積もった時に、水道メーターの位置がわかるように!

そして右側の栓が、水抜き専用の栓であり、確かに此れも、雪が積もったら位置がわからなくなるので、水道

メーター近くにあえて設けてあるのでしょうね!

インターネットで下調べしておいたように、建物内の水栓を全て閉め、外部に設置してある水抜き用の

水栓も全て閉め、この写真の水栓を開栓しました! “ジャー”って音が数十秒・・・ピタッと音が止まり・・・

室内に戻り台所の蛇口を捻ったら、最初は茶色い水(水抜きしている間の管内の錆)が出てきて、やがて

綺麗な水が♪ それもM氏が言っていたように、この周辺の水は深度が深いせいか目茶苦茶に冷たい♪

e0345845_20312465.jpg
村役場には、この日に開栓をお願いしておきましたが、どうやら午前中に開栓しておいてくれたみたいです♪

[PR]
by radole1 | 2017-05-02 22:19 | 別荘 | Comments(0)
2017年 5月 1日(月) ( 建物本体改修部分の確認編1 )

自宅にも脚立はあるのですが、いちいち持ってくるのと、終わったら持ち帰るのが面倒なので、嬬恋村内の

コメリで脚立を購入!1800or2100?大は小を兼ねるとの事で、レンタカーいっぱいに詰め込めた2100を!


e0345845_21345716.jpg
一番気になっている屋根を見てみる事に!・・・うそっ!ふるに伸ばして、やっと届く高さなのね?

e0345845_20311510.jpg
かかりが少ないから屋根に上がるには無理がある!とりあえず、屋根の状況だけでも写真に収めておこう!

e0345845_20311548.jpg
グーグルアースでの衛星写真で見て、だいたいの想像はしていましたが・・・やはりこれが一番最初の仕事・・・

e0345845_20311574.jpg
屋根の端は朽ちているが、直接の雨漏りの原因にはならないから、良く塗装をし直せば5年程度は最低限

持たせられる♪ それよりもこの破風板・・・木材専用のやすり掛けをして綺麗に塗り直したい!
[PR]
by radole1 | 2017-05-02 21:45 | 別荘 | Comments(0)
2017年 5月 1日(月) ( バブルの爪痕も感じる!編 )

e0345845_20293987.jpg
玄関ポーチ兼ウッドデッキから見える南側!正面に見える車の位置までが、かなの敷地となります。

左手は道路までで、右側は写真に写る大きな黒い石を含めた所辺りまでが、かなの敷地となります。

e0345845_20293811.jpg
前回の記事でもふれましたが、道路反対側には1棟の別荘があり、プライバシーにも関わるのでモザイクを

入れさせていただきました。

e0345845_20294049.jpg
かなの別荘と、お隣(道路反対側のお宅)までの道路は未舗装ながらも、車1台が通るのには十分な幅ですが

ここから先は一気に細い道路幅となっております!写真でもわかるように電柱も電線もり奥に続いております!

M氏いわく「奥には、バブル全盛期に開発業者が手掛けた別荘地があり、当時買った人達の中でも別荘を

建てた人がいて3軒程の別荘が建っているけど・・・ここ数年、いや十数年、来てるところを見た事が無いし

散歩がてら入って行って見てみるとわかるけど、住める状態じゃ無くなっているよ!」とのこと。

そして、当時販売した開発業者も倒産し無くなっていて、管理されて無い別荘地と化しているそうです。。。

e0345845_20293932.jpg
かなが借りてきたレンタカーの置いてある場所(一番上の写真)から後部の道路を撮影!これも一時期は通り

抜けられていて、上記説明の別荘地に行く抜け道みたいな使用だったそうですが、業者は潰れ、別荘地を

買った人達もやがて来なくなり、草(熊笹)に覆われたそうです!ちなみに私道なので半分はかなの持ち物

です! M氏が、自分の所の重機を臨時に置けるように車3台分程度道路状を残しておいてくれたそうで

「かなさんの友達とか呼んだら、ここに車を置けば、庭先でBBQとかするには広々と使えるよ!」とのこと♪

e0345845_20294035.jpg
かなの別荘から北西側に100M程度の所にある別荘・・・車で出入口の方に回ってみました!
e0345845_20312300.jpg
M氏の言っていたように玄関ポーチは崩れ落ち、手摺りも腐って・・・確かに人が来ている様子は全く無し!

[PR]
by radole1 | 2017-05-02 21:09 | 別荘 | Comments(0)