ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2015年 11月29日(日) ( 別荘地購入で人生が少しは変わりましたね♪編 )

まだまだ来年も再来年も、そして死ぬまで楽しめそうな良い買い物をしたと思います!

今回は、今までの開拓を振り返って、掲載するか?少し悩んだ記事をUPさせていただきます。。。

9月に上信越自動車道から撮影した写真!軽井沢方面に向かう度に、なぜか個人的に大好きなのが

日本三大奇勝で有名な妙義山!あの奇抜な山の形を見る度に、いつもかなは胸が高まります!

しかし、晴天の中、妙義山しか見ていなかったかなは、その後ろに見える山が“浅間山”とは

この歳まで全く気が付きませんでした! 確かによくよく見ると晴天なのに後ろの山の頭に雲が!

(雲じゃありません!噴火による噴煙です!!!浅間山は日本を代表する活火山の一つです!)

e0345845_19503642.jpg
そして赤矢印辺りが、かなの別荘地となります!

次に先週の記事の追記を・・・碓井軽井沢ICを下りて軽井沢方面に向かった段階で濃霧! 中軽井沢で一端は

霧が晴れるものの、鬼押出し方面に向かい出したら、またもや濃霧! 別荘地近くで晴れるものの・・・午後4時

30分の段階で、嬬恋パノラマライン南コースは霧の中・・・(と言うよりも、雲の中?)

e0345845_19510590.jpg
鹿沢温泉(今まで“しかざわ”と思っていました!正式名は“かざわ”だそうです!)利用でお世話になっている

ホテルつちやさん♪ 日帰り入浴、素泊まりで利用しても、源泉掛け流しなので24時間利用可能です♪

e0345845_19512309.jpg
伐採した細かい木々ですが、全て隣接地に投げ込んで棄ててます! でも、よくよく考えると、切った木々も

私の所有物であり財産です! ひと冬過ぎれば腐って土に返ります。。。来年は薪小屋造って、大木の伐採には

チェーンソー買って、適当な長さに切って乾燥させて保管したいと思っております!

e0345845_19505018.jpg
9月の伐採時に気が付きましたが、別荘地内にきのこが生えていました! 伐採作業においては邪魔ですので

踏みつけて潰していましたが、とりあえず潰す前の写真を撮っておいて、あとで何のきのこかを調べようと!

どうやら、ベニタケ科ベニタケ属のドクベニタケ(毒紅茸)らしい? その名のとおり見事な毒きのこです!

但し、ベニタケ科ベニタケ属のチシオハツ(血潮初)にも似ており、チシオハツは不味いらしいが食べられる!

どちらにしても、かなは危ないと思う物には手は出しませんけどね。。。
e0345845_08413685.jpg

[PR]
by radole1 | 2015-11-28 20:19 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( それなりの収穫はあった!編 )

邪魔な大木は、この辺かな?そして別荘計画はこの辺に?と、おおまかな計画を立てて、次は春の来訪に!

e0345845_21201766.jpg
e0345845_21204276.jpg
そして今回は、鹿沢温泉宿に宿泊して帰る事に! 本当に偶然ですが、泊まった宿の温泉入浴時の会話!

初めて会ったオヤジ「こんばんは♪」 かな「こんばんは♪」  オヤジ「見掛けない顔だね?観光かい?」

かな「嬬恋で別荘地を購入して開拓に来ているんです」  オヤジ「建築するなら安い建設業者を紹介するよ」

かな「職業が建築屋なので業者の紹介はいりません」   オヤジ「購入した土地ってどの辺なんだい?」

かな「ベリエールの森の近くです」  オヤジ「藤原か?」(おっ!藤原って大字名を知っているんだ!)

かな「そうです」  オヤジ「藤原じゃ水道が無いんじゃないか?」  かな「掘ろうと思っているので!」

オヤジ「いや!村の水道の方が良い!業者を紹介してあげようか♪」・・・この辺から頭にきはじめたので

かな「嬬恋の水道は高いでしょ!だから井戸を掘るんですよ」  オヤジ「実はその地域近くで不動産業を

やっててね♪管理とかはどうするんだい?別荘は空けると傷むの早いよ」  かな「そんなのわかってます!

だから慎重に建てる機会を考えているし、自分の事は自分でやるから口出さないで下さい」  オヤジ「・・・」 

たぶん、地元産業以外にもこういう輩が多く住んでいるのでしょう。。。将来のスローライフも考慮しているので

ランニングコストをどこまで抑えられる生活基盤を作るのが、別荘を所有する者の課題です♪

[PR]
by radole1 | 2015-11-24 21:43 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( あえて“お化け屋敷”と呼ばせてくれ!編 )

落葉し視界も開けた事から、どのくらい別荘地が拓けたのか?を比較出来るように隣接地の、荒れ放題の

敷地を写真撮影しようと、舗装道路目指して未舗装道路を歩き進み、ベストショットを見回していると・・・


e0345845_20502510.jpg

午後2時20分の段階で「枯れると、こんなに道がハッキリするんだよ」と撮った写真!(赤矢印は別荘地)

( この段階で気がつかなかった!矢印上に何やら写っているのを・・・ )

e0345845_20023128.jpg

午後4時15分の段階で「細かい木々を切らないと隣接地はこう言う状態になる!」と歩く前に撮った写真!

e0345845_20382692.jpg
少し歩いたら気が付きました!この別荘地を購入し、位置もわからず最初に訪問した時の別荘(?)を発見!

そして後ろを振り返ると・・・かなの別荘地の白いビニール紐が!

e0345845_20384108.jpg
“お化け屋敷(廃屋)”から、かなの別荘地境界線まで歩測を試みると69歩!69歩/2×1.5m=51.75m

約50mの位置に“お化け屋敷”がある事に! 仕事柄考えるのですが、廃屋だろうと持っていれば更地より

固定資産税は高くなります! そんなに大きくも無いし、素人でも壊しやすそうなのですが・・・どうして

そのまま、残しているのかが不明です! 電気メーターも無ければ、水道も無いのに・・・そして、毎年

同じように税務署から固定資産税の納付書は送られてくるはずなのですが・・・まさか、差し押さえ物件?



[PR]
by radole1 | 2015-11-24 20:59 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 石積みの縁石について・・・編 )

前回に来た時の記事にも書きましたが、道路との境界目的で積んだのか?石積みの縁石の構造を

調べる意味も含めて、持参したつるはしを使う事に! 勿論、今回どうしようとかは考えてはおりません!

(だって、暗くなる前どころか、霧が立ち込めてきました!) とりあえず、つるはしを力任せに差すと

サクッと入りました・・・?・・・コンクリートで固めて無い!てこの原理で倒すと大きな玉石がゴロッと動き

軍手で持ち上げると・・・大きいですが持ち運べない大きさでも無い! これは次回の課題となりそうです♪

e0345845_20011767.jpg
e0345845_20264392.jpg
e0345845_20270558.jpg

[PR]
by radole1 | 2015-11-24 20:28 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 細かい木々の伐採終了~編 )

午後4時前に終わりました!(もしかしたら、今回だけでは無理かも。。。と思い始めてました)

別荘地内部に入り、ちょうど東側の境界線真ん中あたりから、敷地内全景を撮ってみました!

e0345845_20041303.jpg
e0345845_20043128.jpg
e0345845_20045234.jpg
e0345845_20094809.jpg
白いビニール紐が見える所が、隣接地との境界となります。。。凸凹してますが足の踏み場は確保♪



[PR]
by radole1 | 2015-11-24 20:15 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 11月22日(日) ( 様変わりしたなぁ~編 )

今期の来訪は無理かと思っておりましたが、22日と23日の連休に気が付き・・・(雪が降ったら?)

駄目元を覚悟して、観光主体に鋸(のこぎり)とスコップ、つるはしをレンタカーに積み込んで出発!

群馬県嬬恋村田代(此処が別荘地に一番近いかな?)の天気予報は、22日曇り、23日曇りのち雨!

碓井軽井沢ICを下りて山道に入った段階で濃霧・・・それに観光目的なのか、其処からの渋滞!渋滞・・・

午後2時20分に別荘地に到着し、最初の感動は“2カ月前に張ったビニール紐が残っているわ♪”

e0345845_19381257.jpg
e0345845_19392911.jpg
赤い矢印の所が、かなの別荘地である! 2ヵ月前の下の写真と比べると色が全く違う世界となっていた!

そして今回の第一目的は、前回体調を崩し“へたれ”と言われるままに諦めた残り1/3の細かい木々の伐採!

e0345845_19395375.jpg
両側の白矢印が、隣接地との境界線(白いビニール紐)!そして奥の赤枠部分が残っている木々である!

日が落ちない内に、出来るところまでやってやろうと、片手に鋸を持って立ち向かって行くかなであった・・・

[PR]
by radole1 | 2015-11-24 19:47 | 別荘地 | Comments(0)