ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 8月 2日(日) ( 敷地確定♪周囲の状況編 )

ついに、かなの別荘地位置が確定しました♪ 道路から向かって左角から別荘地を見る(下の写真)。
e0345845_07502162.jpg
道路から向かって右角から別荘地を見る(下の写真)。

e0345845_07500662.jpg
敷地位置が決まれば、次は開拓です!・・・草刈りや細い木の伐採、根掘りも・・・と思いつつそれは次回に!

なにぶん垂木での目印ですから、今シーズンに再来出来なければ腐って無くなる可能性もあります。

周囲の目印をと、道路面左側の境界(垂木だけを打った所)の道路対面に落ちた看板がある事を写真に!

e0345845_07520298.jpg


(番外編)

かなの敷地前の前面道路は、下の写真のとおりですが、来る時に舗装道路からの入口がわからなかったので

あえて舗装道路方面に車を走らせてみました。。。

e0345845_07505399.jpg

舗装道路に近付くにつれ・・・
e0345845_07510990.jpg
※この写真を撮る時に、車内から撮影したらフロントガラスが反射して綺麗に撮れなかった!そこで車を

 降りて撮影したのだが・・・仕事仲間も助手席から降りた時に、外で気が付いて慌てて車内に!どうした?と

 聞いたら「フロントガラスの外に見た事無い大きなスズメバチが!」・・・かなも確認したが体調4cmは軽く

 超える黄色と黒が鮮やかなスズメバチがフロントガラスに!帰ってきてから調べましたが、オオスズメバチ

 らしい!獰猛さはスズメバチほどでは無いがスズメバチ同様に刺すらしい!何処かに巣があるのは確か!

 “山の守り神”が、何かはいるだろうと思ってましたが、多分こいつかな?熊の出没も確認されていますが

 此処の別荘地では聞かないし、蛇や山蛭、ぶゆの噂も聞かない!共存していくには避けられない条件です♪

 熊はスズメバチを嫌う性質を持ち、オオスズメバチは危害を加えなければ掌に乗せても刺さないとのこと!

 そのまま木の枝や、地面に近付ければ勝手に離れていく性質との事です! 見た目はグロテスクですけど

 危害を加えない蜂だそうです!( 興味があったら“オオスズメバチ 画像”で検索してみてね♪ )
 



[PR]
by radole1 | 2015-08-05 09:11 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 敷地位置を明確にしよう編 )

M氏が持ってきた地図も、地番が打たれている略図に、所有者名がポツリポツリと手書きされている物!

電話で地番を伝えたのもあってか?かなの敷地には、かなの本名が手書きで書かれていた!「ん~・・・」

やはりM氏でも、埒があかないようだ・・・

かな「とりあえず“公図落とし”しましょう!」 公図落としとは、公図からスケールアウトする方法!

車で入ってきて、右に曲がった角から約110mの位置を出す。(下の写真)仮に垂木を打ち込む。
e0345845_07482478.jpg
その位置から、更に約13.3mの位置に・・・M氏「あっ、杭があった!」(下の写真※これが境界杭?)

e0345845_07484190.jpg
倒れてはいるけど、地中に埋もれている事から“ほぼ”この位置で間違いは無い!最初に打った垂木の

位置周辺に、杭は見当たらないがM氏は、その垂木位置から道路に向かって垂直に敷地内へ入った!

M氏「かなさん、奥行きはどの位ですか?」 かな「約35m!」 歩測で足早々と奥へ奥へと・・・・

M氏「かなさん、奥の杭がありましたよ!」 かなも後を追って敷地奥へと入って行った!

e0345845_07485796.jpg
ここから更に直角に折れて、M氏と共に足を進めた!2、3本目の杭も発見♪(2筆の為、間に杭有り)

e0345845_07490931.jpg
e0345845_07492758.jpg
ちなみに右奥に見える人影は幽霊では無い!かなの別荘地を見たいと同乗してきた仕事仲間である。


[PR]
by radole1 | 2015-08-05 08:52 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 別荘地迄の辿り着く編 )

7月31日に、M氏に連絡を入れ今日伺う事を伝え、午前6時に東京都足立区を出発!10時に到着!

e0345845_07513029.jpg
パノラマライン南ルートから別荘地へ向かう道(右手に、うっすらと見えている山が浅間山です!)

一昨日の電話で「かなさんの敷地位置がよくわからない」と言っていたM氏!だいたいの位置へ案内する。

舗装道路からの入口がわからなくなっていた!前回同様に裏の若干広い未舗装道路からの進入を試みる♪

e0345845_07475489.jpg
別荘?建築工事中の建物が左手に見えてきた所を右に曲がる。

e0345845_07480966.jpg
赤線の位置(アバウト?)が、かなが購入した別荘地なのだが・・・位置がハッキリしないのである!!

M氏いわく「やはりこの道路に面する敷地かぁ~・・・てっきり右側の高い方かと思ってましたよ!」

先日の電話でM氏に聞いた話では・・・ここの別荘地は、私が知っている限り50年前に分譲され、

当時は直径2~3㎝の木が、ポツンポツンと生えていました。それが今ある直径20~30㎝の木!

5社近い開発業者が引き継いでは販売を行い、当時に買った人達は現在生きているのか?さえ不明で

継いだ子孫も土地の位置すらわからずに固定資産税を払っている状況。。。かなさんから伺った公売も

もとをただせば、差し押さえ等ならなかったら誰が持っているのかさえわからない土地が、この辺には

沢山あります。法務局で調べても、所有者が当の本人なのかもわからない状況なのです。かなさんの

敷地が明確になれば、隣接所有者も位置がハッキリしてくるのも確かです。

分譲された当時には境界杭がありましたが、年数を追うに連れて無くなったり、抜かれて不明になって

いたりしてます。公図上は、建築基準法上の未舗装道路は無く各所有者の持分となっており、道路上に

境界杭を打てば、車に踏まれて破損したりする事から、道路と敷地の境界に杭は打たれていたようです。



[PR]
by radole1 | 2015-08-05 08:23 | 別荘地 | Comments(0)