ブログトップ

月の光 高原の風 かなのブログ

radole1.exblog.jp

浅間山に近い嬬恋村の土地を購入し、何も無い所からライフライン、やがては別荘建築、そして別荘生活までの日々を順次に投稿出来たら良いかと・・・

カテゴリ:別荘地( 45 )

2015年 8月 2日(日) ( 敷地位置を明確にしよう編 )

M氏が持ってきた地図も、地番が打たれている略図に、所有者名がポツリポツリと手書きされている物!

電話で地番を伝えたのもあってか?かなの敷地には、かなの本名が手書きで書かれていた!「ん~・・・」

やはりM氏でも、埒があかないようだ・・・

かな「とりあえず“公図落とし”しましょう!」 公図落としとは、公図からスケールアウトする方法!

車で入ってきて、右に曲がった角から約110mの位置を出す。(下の写真)仮に垂木を打ち込む。
e0345845_07482478.jpg
その位置から、更に約13.3mの位置に・・・M氏「あっ、杭があった!」(下の写真※これが境界杭?)

e0345845_07484190.jpg
倒れてはいるけど、地中に埋もれている事から“ほぼ”この位置で間違いは無い!最初に打った垂木の

位置周辺に、杭は見当たらないがM氏は、その垂木位置から道路に向かって垂直に敷地内へ入った!

M氏「かなさん、奥行きはどの位ですか?」 かな「約35m!」 歩測で足早々と奥へ奥へと・・・・

M氏「かなさん、奥の杭がありましたよ!」 かなも後を追って敷地奥へと入って行った!

e0345845_07485796.jpg
ここから更に直角に折れて、M氏と共に足を進めた!2、3本目の杭も発見♪(2筆の為、間に杭有り)

e0345845_07490931.jpg
e0345845_07492758.jpg
ちなみに右奥に見える人影は幽霊では無い!かなの別荘地を見たいと同乗してきた仕事仲間である。


[PR]
by radole1 | 2015-08-05 08:52 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 8月 2日(日) ( 別荘地迄の辿り着く編 )

7月31日に、M氏に連絡を入れ今日伺う事を伝え、午前6時に東京都足立区を出発!10時に到着!

e0345845_07513029.jpg
パノラマライン南ルートから別荘地へ向かう道(右手に、うっすらと見えている山が浅間山です!)

一昨日の電話で「かなさんの敷地位置がよくわからない」と言っていたM氏!だいたいの位置へ案内する。

舗装道路からの入口がわからなくなっていた!前回同様に裏の若干広い未舗装道路からの進入を試みる♪

e0345845_07475489.jpg
別荘?建築工事中の建物が左手に見えてきた所を右に曲がる。

e0345845_07480966.jpg
赤線の位置(アバウト?)が、かなが購入した別荘地なのだが・・・位置がハッキリしないのである!!

M氏いわく「やはりこの道路に面する敷地かぁ~・・・てっきり右側の高い方かと思ってましたよ!」

先日の電話でM氏に聞いた話では・・・ここの別荘地は、私が知っている限り50年前に分譲され、

当時は直径2~3㎝の木が、ポツンポツンと生えていました。それが今ある直径20~30㎝の木!

5社近い開発業者が引き継いでは販売を行い、当時に買った人達は現在生きているのか?さえ不明で

継いだ子孫も土地の位置すらわからずに固定資産税を払っている状況。。。かなさんから伺った公売も

もとをただせば、差し押さえ等ならなかったら誰が持っているのかさえわからない土地が、この辺には

沢山あります。法務局で調べても、所有者が当の本人なのかもわからない状況なのです。かなさんの

敷地が明確になれば、隣接所有者も位置がハッキリしてくるのも確かです。

分譲された当時には境界杭がありましたが、年数を追うに連れて無くなったり、抜かれて不明になって

いたりしてます。公図上は、建築基準法上の未舗装道路は無く各所有者の持分となっており、道路上に

境界杭を打てば、車に踏まれて破損したりする事から、道路と敷地の境界に杭は打たれていたようです。



[PR]
by radole1 | 2015-08-05 08:23 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 6月15日(月)~18日(木)

現場を確認した時に不思議な物を見つけた!水道のコン柱である。。。それも数カ所、道路に近い所に・・・

もちろん、蛇口自体がはずされており、管の穴が見えている状態・・・今は水道がきていなくても過去に

ここまで水道はきていたと言う証拠だ!

e0345845_07431395.jpg
早速、嬬恋村役場に電話したところ「位置がわかる地図をFAXして下さい」との返事。そして翌日

村役場職員から貴重な電話をいただいた。。。

「そこの地域は、村が管理していない地域で、かなさんが見られたと言うコン柱は私設水道で引いた物

 私設水道の管理はYさん(業者)が、やっていたけど現在連絡がつかない!代わりにわかるMさんの

 了承を得ましたので、Mさんに電話していただけますか?」・・・そして伺った電話番号にかけてみた。

Yさんは5年前に亡くなり、引き継いだ奥様も上手く事業を引き継げず、現在はそのMさんが管理自体を

行っているとの事!井戸水を貯めて私設水道管で供給していたが、荒れ放題になった別荘地の為だけに

私設水道管を通しているのも、経年劣化による配管交換もままならず、Yさんが亡くなった5年前に

止めて、貯水タンクも撤去し、今は使えない水道管のみが残っている状況との事!(水道は無しか・・・)

Mさんいわく“水道は井戸水で補えるよ♪うちも井戸水で補ってるし、村の水道は高いからね”と教えて

くれた。水は井戸水を汲み上げて補おう(考えてみれば、浅間山の麓だし美味しい水が出るだろう♪)

この地域の排水は“浸透方式”との事。浸透方式とは、径の大きい土管を井戸状に埋め込み、排水をそこに

流して貯める事で、土管に細工された穴から土に浸透させて処理する方法!浸透した雑排水が井戸水に

入って・・・などと書いている他の人のブログがあったが、深度が違うし、そんなの気にしてたら野生動物の

糞尿だって浸透しているんでっせ!(川の考え方と同じ・・・上流で尿しても3m流れると浄化されると)

話は戻して・・・こうなってくると井戸掘り工事費用(手押しポンプで水を上げるのでは無く電動ポンプ必要)

ん十万円は掛かるが、デメリットばかりでは無い!村役場のHPで見たところ、下水道料金は水道メーター

から算出するとの事!自分の敷地内から汲み上げた井戸水は当然ただ!メーターなど無いから上下水共に

費用は掛からないのである!井戸を掘るのに電気は必要だが、近くまで電気はきているし、更にMさんは

電気屋さんだそうで♪

[PR]
by radole1 | 2015-06-18 20:05 | 別荘地 | Comments(2)
2015年 6月14日(日)

後輩が車を出してくれる事で、かなの自宅に6時半に迎えに来てくれた。もちろん、ガソリン代もち・高速代

もち・疲れたら運転交代は最低条件!日曜とは言え、午前9時には現地に着いた!

読者は“現地も確認せずによく買ったなぁ~”と思うだろうが、公売物件ゆえに申込期限が決められており、

現地を確認する時間無くストリートビューのみで確認した。(ストリートビューでは、手前までしか見られ

なかった!)

そしていよいよ・・・購入した土地と初対面・・・のはずが・・・予想していたのとは異なり・・・だいたい、この辺!

は、わかるのだが・・・起点となる物が見つからない! 道に面した右側が、購入した別荘地である事は確か

なのだが・・・(枯葉・腐葉土があたり一面で、どこを取れば杭等が出てくるか?杭があるのかさえ不明・・・)

e0345845_19085798.jpg

e0345845_19095340.jpg


今どうやって調べようにも拉致が開かないから、とりあえずはこんな雰囲気の土地だと言うのだけは目に焼き

付けて明日から、村役場から法務局やら片っぱしに調査して、かなの別荘地を明確にしてやる!別荘地内の

メインストリート(アスファルト舗装)から、100m程入った所で周囲は何も無し!本当に鳥のさえずりしか

聞こえない静かな場所です。

e0345845_19102001.jpg
上記写真の未舗装道路を歩いていると電柱発見!おまけに外灯まであるではないですか!無いと思っていた

物があるって素晴らしい!・・・電気ですよ♪電気♪電気がきているって事は、別荘地に電気が引けるって事

です!

メインストリートに電線があったのは確認しておりました。そこから購入した敷地まで100m以上・・・

公道では無いので電柱を立てるにも、電柱を立てる位置の敷地所有者の了承を頂かなければいけなく、

それだけでも百万はかかると考えておりました!これがあるだけで引き込み10~20万円で済みます♪

e0345845_19105312.jpg
かなが購入した別荘地の位置を、インターネットで検索するたびに、地図上に現れる変な四角い物・・・

この未舗装道路に面して建っている建物は見当たらなく、グーグルアースで見ても屋根らしき物は見当たら

ないのですが、マピオンやマップルで地図を見ると、本当に正方形な物が作図されているのです。

これが何を指すのかも気にはなっており、行く前の後輩に言わせれば「山の土木作業員用の休憩小屋か、

資材置場のプレハブではないか」と。敷地内に入って見てみることに・・・

e0345845_19113339.jpg
住宅や!それも別荘みたいや!後輩も建築の専門(大工)ゆえに「俺が大工修行していた当時の工法じゃ、

こんな納まりじゃないし、小さい時に親父(大工)がやっていた工法の造りじゃ!どう見ても40年近く経つよ。

この建物!」と後輩の一言。。。

かなは、もともと設計者ゆえに・・・電気メーターをはずした後もあり、電気が引けていたと言う根拠となる。

また、建物から煙突が出ている事から湯が沸かせた!・・・すなわち、水がきていたと言う事がわかる。

水がきていたと言う事は、排水先もあったと言う事だ!ライフラインが確実に確保できる事がわかっただけでも

最大の収穫である♪

それに・・・住居系の建物があるって事は、建物の図面が法務局で見つかるかも♪そうすればこの建物が

何番地の建物かによって、かなの敷地の隣なのか?2軒隣なのか?そう言うところ迄わかります♪

[PR]
by radole1 | 2015-06-17 20:04 | 別荘地 | Comments(0)
2015年 6月4日(木)

昨日ですが、無事に群馬県吾妻郡嬬恋村のある土地の所有権移転が済みました。。。

e0345845_07514661.jpg

約1年前に、あるホームページで、別荘地の現状を知り、又、別荘での生活者の

ホームページも見つけ、“別荘を持つと言う事は?”を、自分ながらに勉強して

その上で、どうしても別荘が欲しい衝動にかられた結果、購入に踏み切りました!

自分のライフワークに合う別荘地とは何か?・・・生きてる上でこんな経験をして

いくのも一興かと思っております。ありきたりは嫌なのでゼロからの別荘計画です!

購入した土地は、ガスも上下水道もありません。もちろん、電気もきていません!

かろうじて建築基準法上の未舗装道路に面しております(建築が可能と言うこと)!

本当に手探り状態からのスタートです!(これから購入した土地を見てきます)

[PR]
by radole1 | 2015-06-04 21:28 | 別荘地 | Comments(0)